ちんこが大きくなる成分が配合!増大サプリという薬でチンコをでかくした体験談!

ペニス増大サプリという薬で大きくなった!という写真掲載は信用できる?

ペニス増大サプリは様々な物が販売されていますね。
一部の増大サプリですが販売ページを見るとペニスが大きくなった!と使用前、使用後のレビュー写真のような物が掲載されているショップがあります。

確かにそのような写真を見るとペニスが明らかに数センチ、下手したら5センチ以上も大きくなっているようなイメージ写真もあります。
ただ、場所が場所なのでモザイク加工でよくわからないような感じに加工されていますね。
このような写真は結構嘘な可能性が高いです。
販売側としては売る為ですから、お金をかけてプロの画像加工屋さんに依頼し、それっぽい画像を作り掲載していくのです。

このような写真でもよくよく見ると粗が目立つ物があります。
例えば、背景に映っている物が不自然に繰り返しされていたり、消えていたり、ペニスを伸ばす加工をする為に背景が歪んでいたりと雑な物もあります。
じっくり見るとこれらの物を発見できる事もありますが、そこまできちんと見る人も少ないでしょう。
そして雑な加工でさえも、ある程度の知識が無いと発見できないという事実もあります。
ですから、販売ページにある写真に関しては、最初からそこまで期待しないというスタンスでいる方が良いかと思います。

参考にすべき写真があるとしたら、販売ページではない口コミ情報が掲載されている個人ブログや個人サイト、個人のSNS等でしょう。
これらであれば、わざわざ加工してアップするメリットがありませんし、もし加工していたとしても雑なスマホでの加工がほとんどなので必ず何かしらの粗があるはずです。

ペニス増大器具について|種類とメリットやデメリットを紹介

ペニスを大きくする方法として最も確実なのが『増大手術』です。
ただし、費用が最低でも10万円超える点と、ペニスにメスを入れるという事で手術の失敗リスクのデメリット、あとは手術時に医師や看護師にペニスを見せないといけませんし抵抗のある方もいますね。
このように手術には抵抗のある方向けにペニス増大器具を案内していきます。
増大器具とは大きく分けると下記の2つ。

  • 牽引系増大器具
  • ポンプ系増大器具

この2種類の増大器具について説明していくと共に、最後に増大器具を使うメリットやデメリットについてもまとめていきます。

牽引系増大器具

牽引系のペニス増大器具は例えばコチラ
<参考リンク>
アンドロ・ペニス ゴールド|Amazon
リンク先の写真のように、ペニスの根本を固定し、亀頭部分に器具を引っ掛けて牽引しペニスの増大を図る器具です。
ペニスをある程度の力で引っ張って勃起時の長さを伸ばしていくといった方法ですね。
価格は2万円超と高価ですが、類似品の安い商品も出回っています。

ポンプ系増大器具

牽引系以外の増大器具がこの『ポンプ系増大器具』です。
増大ポンプとも呼ばれる製品で、表面が透明なシリンダーのような物で出来ている物が多いです。
例えばこちらの商品。
<参考リンク>

ペニスにかぶせ、写真は電動ですが、電気、または手動のポンプ式で中の空気を抜いて真空状態にします。
気圧の関係でペニスを上部に引っ張りあげるような感じで増大を目指していきます。
こちらは、価格がピンキリで、リンク先のような3000円代の低価格な物から数万円以上の高額な物まであります。
粗悪品も多数存在するので、有名アダルトメーカーが販売するある程度の価格帯の物を購入する方が安全です。
真空に吸引するタイプなので、商品が粗悪だった場合に何らかのトラブルが起こる可能性があります。

ペニス増大器具のメリット、デメリットとは?

前述した牽引系の増大器具とポンプ系の増大器具を合わせて『増大器具』としていますが、
ここでは増大器具のメリットとデメリットについてわかりやすくまとめていきます。

メリット

  • サプリ(薬)や手術に比べ価格が安い
  • 一度購入すれば何度でも使用可能
  • 手軽に簡単に使用できる
  • 誰にも見られずに使用できる
  • 薬や手術と違って副作用の心配も無い

デメリット

  • それなりに費用がかかる
  • 使用方法を間違えるとペニスに無理な力が入りダメージを受ける
  • 人によっては痛みを伴う
  • 商品によって粗悪な物も多数
  • 手術やサプリ(薬)に比べ効果が弱い
  • 引っ張る力で増大させるので太さには影響しない

このように全てにおいて良い点ばかり、悪い点ばかりというのはありえませんね。
総合的に判断して使用するかどうか決めていきましょう。
他の方法で効果が出なかった場合や、まずは安価に何か試してみたいという方は期待し過ぎない程度に増大器具を使ってみるのも良いのかもしれませんね。

ペニス増大サプリ(薬)と増大手術の費用、コスパの差

ペニス増大サプリについては、こちらのサイトで色々と紹介していきましたが、増大手術の費用やコスパについてはどうなのか?
サプリとの比較を中心に述べていきます。

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリは、増大成分1つ1つで販売している薬は決して高くは無いのですが、それらが複数は配合されたペニス増大サプリに特化した商品は、おおよそ10,000円~15,000円(約一か月分)というのが多いです。
効果は増大手術に比べ確実性や即効性はありませんが、増大手術に比べ価格も圧倒的に安いのが特徴です。
多くの増大成功者がいるので、イメージよりは効果が期待でき、コスパも高いと言えます。
ただし、全く効果が無い人もいるので、その辺をどう捉えるかが難しいですね。

ペニス増大手術

ペニス増大手術でメジャーな方法である『長茎術』のおおよその相場は10万円~40万円程度です。
脂肪注入等の亀頭増大手術を追加すると更に10万円~アップしていきます。
効果の方は確実にペニスの増大が達成できますが、保険適用にならずに全額自己負担なので高額になります。

上記で述べたように、コスパについては一概に増大薬が良いとは言えませんね。
全く効果を感じられないという人もいますから・・・
ただ、増大手術に比べ費用がかなり格安ではあるので、最初の1箱(一ヶ月分)くらい試してみるのも良いでしょう。
1ヶ月程度では増大効果を得られない事も多いですが、勃起力の向上等は比較的早く出やすい効果です。それでジャッジしてみても良いかもしれませんね。
ただし、推奨は3ヶ月程度の継続です。

日本人、外国人のペニスの長さをリサーチ!|気になるペニスの平均値はコレ

『ペニスが小さくてコンプレックスがある』
『女の子にチンチンを見られて鼻で笑われた』
『男友達と銭湯にすら行けない』
このような短小で悩んでいる男性は多いですが、そもそも大前提として、どのくらいのペニスの長さが平均値なのか?
実際によくわからない人が多いかもしれません。
ここでは日本人と外国人のペニスの平均値をそれぞれ紹介していきます。

日本人のペニスの平均値をリサーチ

まず日本人男性のペニスの平均値ですが,諸説あり様々な言い伝えや発表がありました。
その中でも大手のアダルトグッズメーカーになった『TENGA』のデータに信憑性を感じます。
TENGAは商品の特性上、かなり正確に平均のペニスサイズを把握して商品を作っているからです。
早速TENGAの公式サイト上でこのようなデータの公表を見つけました。
<参考リンク>
tenga fitting
50万人のデータから算出した数値なのでかなり正しい寸法だと考えられます。
そのペニスの全体の長さの平均値は『13.56センチ』と公表されています。
以前は平均が12センチとも言われる時代があったので、定かではありませんが、少し全体的に大きくなったのかもしれません。

とにかく13.5センチあれば平均だと言っても差し支えないようですね。

国別のペニスの平均値をリサーチ

次に海外の国別のペニスの平均値について見ていきます。
『International penis size compared』日本語で国際ペニスサイズ比較というデータを公開しているサイトがあります。
<参考リンク>
International penis size compared|worlddata.info
世界の各国別にペニスの平均寸法が記載しています。
注目すべきは何と言っても1位の『コンゴの17.93センチ』です。
続いて2位の『エクアドル17.61センチ』
3位が『コロンビア17.03センチ』となっています。
データは全88カ国となっていますが、気になる日本は79位にランクイン。
ただし、日本の平均値をかなり低く見積もっているデータになっています。
意外と低い数字だったのが65位の『アメリカ13.21センチ』です。
日本より下で最下位が『北朝鮮の9.66センチ』同寸法で『韓国』も最下位となっています。

こうしてみると南米やアフリカの黒人の多い国はペニスの平均値が高いです。
日本人と比較すると4センチ超も高いですね。

日本人を含めアジア人は世界でも最もペニスが小さい人種です。
アジア人の中では日本人は比較的頑張っている方にも思えますね。

このように平均値を客観的に見て、ペニスが大きい小さいを判断していくのも良いですね。
日本人女性の中でも外国人男性とお付き合いした事のある方は、その国の人のペニスの大きさを知っているはずです。
意中の女性がそのような方であった場合に、元彼が何人であったか?確かめてみるのもありかもしれませんね(笑)

ただし、『大きければ良い!』と言うのは男性の短絡的な発想です。
女性はあまりにも大きいペニスを”痛み”等が原因で敬遠する方もいらっしゃいます。
また、いくらペニスが大きくても『外国人のペニスは柔らかめ』と評価する日本人女性も多いですね。
そのような女性の声を聞くと『日本人の男性は勃起した時に硬い!』『大きさよりも硬さが大事!』と言っている子も多いのです。
ですからあまり、外国人と比較しても意味が無いのかもしれませんね。

ペニス増大手術や包茎手術について|費用やリスクの詳細

ペニスを”確実に”大きくさせる方法として『増大手術』があります。
増大手術には大きく分けると下記の2種類があります。

  • 長茎術
  • 亀頭増大手術

これらの手術と『包茎手術』についても簡単な概要や費用、リスクについても紹介していきます。

長茎術

長茎術はペニスの長さ、縦を長くしていく手術です。
ペニスの根本の海綿体は体内に隠れた状態にあります。
海綿体組織は恥骨と靭帯によってくっついているのですが、その靭帯を手術によって一部切り離し体内に隠れていたペニスの根本(海綿体組織)を引っ張りだし再度固定する事で確実にペニスの長さを追加できます。;
長茎術の費用は、自由診療となるので、病院によってマチマチです。
また、個人の体質、状況やどのくらい長く仕上げたいかによっても値段が変わってきます。
おおむねの相場としては、『30~40万円』程度と考えて良いでしょう。
<参考リンク>
新宿形成外科HP
また、太っている人はお腹に脂肪があるので、余計に外に出ているペニスが短く見えがちです。
脂肪吸引等を加える事で更に長く見せる事ができます。

亀頭増大手術

亀頭増大手術は亀頭部分の周囲を厚くする手術です。
長茎術が長さのアップであれば、こちらは太さのアップという事になります。
基本的にはメスを使う事なく、太くしたい亀頭部分に『ヒアルロン酸』あるいは『コラーゲン』を細い針を使い注入していく手法です。

こちらの相場はおおむね『10~20万円』程度ですが、場合によっては60万円くらいまでかかってしまう事もあります。
<参考リンク>
上野クリニック
ヒアルロン酸とコラーゲン、どちらを使うかは個人の体質や希望の仕上がりで医師の判断によって異なるようです。

包茎手術

包茎とペニスの増大の関係性を考えると、包茎であると亀頭が包皮に隠れている為、ペニスの成長がしづらいというデメリットがあります。
ですから、ペニス増大を達成するにも包茎の解消が有効というわけです。
そんな包茎の解消で最も確実なのが『包茎手術』です。
包茎には実は三種類の包茎があり、どの包茎も手術で改善する事が可能です。
3種類の包茎とは下記の状態の事です。

  • 仮性包茎
  • 真性包茎
  • カントン包茎

特に、真性包茎とカントン包茎の場合には、常に包皮を被っている状態なので、ペニスの増大以外にも衛生面から見ても包茎手術をした方が良いでしょう。
はっきり言って包茎は女性に嫌われます!
また、包茎手術の費用ですが、包茎の程度や種類によっての価格の違いはあまりないようです。
<参考リンク>
上野クリニック
価格の相場は『7~15万円』のようです。
ただし、包茎手術と増大手術を組み合わせておこなう場合には、それぞれの料金がプラスされてかかってきます。
こちらも、もちろん自由診療の為、健康保険適用外になっています。
ちなみに、仮性包茎の方の場合は、長茎術をするだけで余っていた皮がきちんと剥けた状態になり、包茎が改善するという事例も多々あります。

ペニス増大手術、包茎手術のリスクとは?

増大手術、包茎手術は共にもちろんリスクはあります。
増大手術は、海綿体細胞と恥骨を結ぶ靭帯にメスを入れますから、それなりにリスクはあります。
特に長茎術は熟練した医師による手術を受けられるクリニックを選んでいきましょう。
亀頭増大手術に関しては、そこまでの難易度は無いので比較的安心です。
包茎手術のリスクは、誤って包皮を取りすぎてしまったりすると勃起時に根本に引っ張られてしまい痛みを伴うという最悪のケースも考えられます。

また、ペニスの亀頭部分は男性の性感帯の部分なので、誤った手術をした結果、セックスでの感度が悪くなってしまう恐れもあります。
包茎や増大(長茎術含む)手術には、他院の手術結果が満足いかなかった場合での『修正再手術』を積極的に実施しているクリニックもあります。
それだけ、そのような悩み、失敗もあるというわけですね。
ですから、ペニスの手術の際には、そのようなリスクを把握する事、リスクを軽減する為に『症例数の多い医師』が在籍、執刀するクリニックを選んでいくと良いでしょう。

ペニス増大サプリ(薬)の本当の効果とは?口コミ情報からよくある効果を紹介

ペニス増大サプリは男性の精力、ペニスを大きくし男らしさを実現させる目的で作られています。
ネット等で特に話題になっている商品は多いですが、
『実際にペニスが大きくなるのか?』
『本当に効果はあるの?』
このように懐疑的な方も多いでしょう。
ここでは、ペニス増大サプリを飲んで実際に効果を実感したという声の中から、特に重複する内容、つまり多くの方が口を揃えて言う感想についていくつか紹介していきます。

  • たった1センチアップでも大きな印象変化!
  • 久しぶりに朝勃ちがおきた
  • 射精時の精液の量が増えた

たった1センチアップでも大きな印象変化!

口コミサイトを見ていると増大サプリを飲んでからペニスのサイズが『1~3センチ』程大きくなったという方の声が多いです。
3センチ大きくなったとしたら完全に一回り大きくなっているので、まるで別人のペニスと言えますね。
たった『1センチ?』のサイズアップでもかなり印象が変わってくるはずです。
増大サプリで少しでも大きくなるのはコスパの上でも非常に有効です。
しかし、増大サプリの場合は飲んですぐに効果があった!という方は残念ながら少ないようです。
服用者が主に効果を実感したという期間は服用開始から『2~3ヶ月』程度が最も多い印象です。
ですから、一箱買って一ヶ月試してみたからといって『効果無し!諦める!』のではなくて最低でも2~3ヶ月続けてみるのが良いようですね。

久しぶりに朝勃ちがおきた

人によって個人差はありますが、30歳を過ぎると『朝勃ち』をする頻度が減っていく方が多いです。
若い時は、起床時に頻繁に朝勃ちしたという記憶があるでしょう。
加齢により男性ホルモンの分泌量が減るので止むを得ない事ではあります。
ただし、増大サプリの口コミ情報を見てみると、30代どころか40代、50代を過ぎた方でも『頻繁に朝勃ちをするようになった』『朝起きたら久しぶりに勃起していた』
といった情報を頻繁に目にします。
増大サプリの主目的はペニスに血液を集め、海綿体組織を成長させていく事ですが、その過程で海綿体組織に血液が集まりやすくなる為、勃起力の向上も見込める=朝勃ちしやすくなる。
という理由のようです。
口コミ情報の中では、数十年ぶりに夢精してしまった!という方もいらっしゃいました。

射精時の精液の量が増えた

ペニス増大サプリを飲んで『射精した時の精子(精液)の量が増えた!』という口コミ情報も多いです。
増大サプリなのになぜ?という疑問が湧く方もいらっしゃいますね。
商品にもよるんですが、おそらくその増大薬には亜鉛が多く含まれていたのではないかと推測します。
亜鉛は、古くから強壮成分として愛されてきたミネラルですが、効果に『精子を生成する』作用や『精子の質を向上させる』作用があります。
この事からもわかるように、亜鉛をきちんと摂取すると、射精時の量が増える事が期待できます。
精液の量が増えると快感も増すのでセックスが更に楽しくなるでしょう。
また、男性型不妊症の方向けにも亜鉛は推奨されているので、不妊症で悩んでいる夫婦は、女性への対策だけでなく、男性向けに亜鉛入りの薬を服用してみるのも良いですね。

ペニス増大サプリで効果があった!という口コミ情報の代表例を紹介していきましたが、もちろん『効果を感じられなかった』という感想の方の声もあります。
こればかりは体質によって個人差がありますからしょうがないことです。
しかし、トータルで見ると何らかの効果があったという方の割合が多いのもわかります。
無理して試す事もありませんが、まだ増大薬を飲んだ事の無い方は一度試してみるのも良いでしょう。

ペニス増大サプリのコストパフォーマンスはどう?

ペニス増大サプリはその名の通り主目的の『ペニス増大』や
『勃起力等の精力増進』『精子の量を増やす』『滋養強壮』等の様々な効果が期待でき、口コミ情報も多数あります。

しかし、その効果や口コミ評価は認めても『コストパフォーマンスの点ではどうなのか?』
このようにコスパを気にする方は多いですね。
ペニス増大サプリの相場は11,000円~14,000円くらいです。
ペニス増大を専門にした薬はドラッグストア等の市販品ではほとんど見かけません。
ですからロット数が多くならない一種のマニアックな製品の部類となるため比較的高額な部類の薬になってしまうのです。

特に20代の男性から見ると毎月1万円超の薬は負担が大きくなるという面はかなりありますね。
確かに今現在、増大サプリの相場は高いかもしれません。
ただし、増大効果を達成した時の自分を想像してみると、毎月10,000円超の費用を払ってもお釣りがくるほどのメリットがあるのではないでしょうか?
短小ペニスに悩む男性にとって、増大効果は大きな自信を生みます。
対女性だけではなく、仕事面でも活力アップに繋がったという方も多数いますね。

ただし、ほぼ効果を感じられない人もいるのがペニス増大サプリのデメリット。
ですが試して見る価値はあると断言します。
まずは、1ヶ月では効果の実感が薄いという声があるので、最低2~3ヶ月程度服用してみてはいかがでしょうか?
1ヶ月で断念してしまうのは正直もったいないです。その時点であと2ヶ月継続していれば増大効果を得られたのに!という事が往々にしてあるからです。

1月分14,000円だとして、3ヶ月分42,000円でしょうか。このくらいまずは、先行投資と割り切って試してみるのをオススメします。

ペニス増大サプリの割引率|人気の3商品のお得な購入方法に注目

ここではペニス増大サプリの中でも人気の3商品をお得に購入する方法を紹介していきます。
どの商品の割引率が高いのか事前にチェックしておきましょう。
増大薬で今人気の商品が下記の3つです。

  • ヴォルスタービヨンドの割引率
  • ペニブーストプレミアムの割引率
  • ヴィトックスαの割引率

順番に紹介していきます。

ヴォルスタービヨンドの割引率

ヴォルスタービヨンドはペニス増大サプリの中で今最もオススメの薬です。
公式通販サイトでお得に購入が可能です。
ヴォルスタービヨンドの割引率は下記の通りです。
1箱購入もキャンペーンで割引となっていますが、セットのまとめ買いは更に割引率が高くなります。
1箱、通常18,400円→12,800円 31%オフ
2箱36,800円→23,920円 35%オフ
3箱購入で1箱プレゼント(計4箱)73,600円→34,220円 53%オフ
*価格は全て税込み表示 1箱90粒(約1ヶ月分)
増大サプリは2~3ヶ月続けてから効果を見極めた方が良いので、お金に困っていないという方は、2箱セット、3箱セットを注文すると良いでしょう。
特に3箱セットを注文すると、キャンペーンでもう1つ付いてくるので実質4箱セットになり大変お得です。
*キャンペーンは不定期なので開催中はすぐに注文がオススメ
送料は全て無料になっており、『発送は中身がわからない梱包』『営業所留め』『商品名記載無し』の対応も可能でプライバシー対策も万全です。

ペニブーストプレミアムの割引率

元々増大サプリで人気だった『ペニブースト』がパワーアップ&リニューアルして販売されているのが『ペニブーストプレミアム』です。

1本価格、通常15,680円→11,550円 26%オフ
2本定価にキャンペーンで+1本47,040円→22,470円 52%オフ
3本定価にキャンペーンで+1本62,720円→32,980円 47%オフ
*価格は全て税抜表記です。 1本60カプセル(約1ヶ月分)
送料は全国一律850円(税込)ですが、2本セットからは無料になっています。
割引率で言うと2本セット(キャンペーンで更に+1本)が最もお得です。
増大サプリは3ヶ月継続を推奨しているので、ペニブーストプレミアムに関しては2本セットでの注文がオススメです。
1本プラスのキャンペーンは期間限定なのでお早めに!

ヴィトックスαの割引率

ヴィトックスαは海外で人気の増大サプリを日本人の体質向けに開発された薬です。
ヴィトックスシリーズでは販売総数80万個を突破し増大サプリ業界ではベストセラーになります。
公式サイトならではの格安、割引販売を実現しています。
販売価格と割引率は下記の通り。
1箱価格、通常19,800円が→公式通販だと12,800円 36%オフ
2箱39,600円が→24,550円 38%オフ
3箱59,400円→34,560円 42%オフ
5箱99,000円→51,200円 49%オフ
*価格は全て税抜で1箱30粒入り(1ヶ月分)
送料は一律600円(税抜)となっています。
不定期に全ての個数で+1箱付いてくるキャンペーンを開催している場合があります。
1箱買っても+1個付いてくるキャンペーンだと非常にお得です。割引率が最も高くなる計算にもなりますね。

ペニス増大サプリを安く購入するには?

全ての増大サプリが適用ではありませんが、増大サプリはまとめ買いをする事で安く購入が可能です。
例えば人気No.1のヴォルスタービヨンドであれば、
2箱購入で『1,680円』3箱購入で『4,180円』を1箱ずつで注文するよりも安く買えます。
更に不定期のキャンペーンにはなりますが、
現在、3箱まとめ買いをすれば1つ無料で付いてくるので実質4箱になり4箱を単品で購入するよりも『16,980円』も安く購入できます。

ただし、アレルギー等の心配がある体質の方もいらっしゃいますね。
そのような方は一度に複数のまとめ買いはリスクがあるかと思います。ですからいきなりまとめ買いはしないで、単品で注文するのが安心ですね。
まずは1ヶ月分を無理のない範囲で試してみて『コレなら飲み続けられる!』となった時に、まとめ買いをしていくのが安全でお得に購入できる方法になります。